ブログ Hiroのオカルト探検日記から派生した訳本の貯蔵庫 今のところ更新は管理人しか出来ません

 旅の方、よくぞ参られた。ここは、僕Hiroが管理するオカルト図書館ですぞ。
 かつての古代アレクサンドリア大図書館ほど蔵書は無いものの、粒よりに選び、僕が日本語に訳したオカルト、魔術書を楽しんでいただきたい。
 そうそう、お代は要りませんぞ。神聖な知恵の書、オカルト知識は無料で提供するのが、この世界の習わしでしての。

 では、ごゆるりとお楽しみあれ…――


 このwikiは、僕Hiroの個人趣味ブログ オカルト探検日記で書いていた翻訳テキストが大量になってきたので、その貯蔵庫として作ったものだ。なので、今のところ編集は僕しか出来ないようにしている。便利に更新できる個人サイトとしての使用だからだ。
  • トップページ ここ。
  • 古代魔術 古代ギリシア、ローマ時代の魔術はこのカテゴリーに入る。新プラトン主義哲学者らが行っていた神動術テウルギアと、低俗魔術マゲイアに分かれている。
   神動術あるいはエジプト人の秘儀について
    イアンブリコス著。当代一の碩学によるテウルギアの解説
  • ルネッサンス魔術 中世から19世紀までの範囲はこのカテゴリーに入れてある。主にグリモア(天使や悪魔召喚の魔術書)がここに入るが、他にもジョン ディーのエノキアン魔術やアグリッパのオカルト哲学三部作など多彩な内容になっている。このサイトのメイン。
   オカルト哲学 
    コルネリウス アグリッパ著。ルネッサンス魔術、オカルトを代表する書。三部作+第四の書
   ソロモンの鍵
    ソロモン王が書いたとされるグリモアを代表する書
   ゴエティア
    グリモア「ソロモンの小鍵 レメゲトン」の中の一冊、72の悪魔を召喚する最も有名なグリモア
   アブラメリンの書
    賢者アブラメリンの聖なる魔術の書。聖守護天使と接触する方法が有名な14世紀のグリモア
   アルバテル
    16世紀のオリンピアの七惑星霊召喚のグリモア
  • 現代魔術 19世紀半ばから現在まではこのカテゴリー。内容的には魔術結社ゴールデンドーンの影響が多々あるが、フランツ バードンのように例外もある。
   Initiation into Hermetics
    フランツ バードン著。バードン三部作の一作目。ヘルメス学の優れた訓練体系
   Short Course in Scrying
    ベンジャミン ロウ著。楽しく俊逸なイメージ訓練法
  • 錬金術 中世から現代までの錬金術関連の書は全てこのカテゴリー。実践を考えている読者への警告。この術には現代の化学知識も不可欠であり、特に水銀中毒には気を付ける。昔から多くの錬金術師がこれで病になっているのである。
   天の哲学の書
    パラケルスス著。七つの金属に基づく錬金術の奥義
   最聖の三重の知恵
    サンジェルマン伯爵著。全てのオカルト書の中でも最も謎に満ちた書

 中世、ルネッサンス時代ではラテン語は教会ラテン語発音にして、古代においては古典ラテン語発音にしている。なるべく元の発音に近いものを提供するためである。

管理人のみ編集できます